トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

ウホホイ博士

Author:ウホホイ博士
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ブログランキング

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

大学進学の学費は高い!本当に進学する価値があるのか?

高いお金を払って大学に進学し、4年間もの歳月と労力をかけて卒業する価値があるのでしょうか?

学費が年々高くなり、奨学金を貸与される人も多くなりました。毎月10万円貸与された場合、4年間で480万円にもなります。就職に失敗したり、賃金の低い企業に就職したりすると途端に支払いが困難になり、自己破産するケースもあるようです(*「奨学金・学費貧乏」参照)。

そのような事態知ると、そもそも大卒にどの程度の価値があるのかは、人によって違うと考えるべきでしょう。大学進学率が50%を超えていますが、いわゆる大学全入時代となり、望めばどこかの大学には入れそうです。

自分が何をやりたいのか、そのためにどのような進路を選ぶのが望ましいのかよく考えて進路を決めるべきでしょう。

そうは言っても、実際のところそこまで明確な目標が描けず、とりあえず大学に進学してしまう人がほとんどでしょう。あの有名なビルゲイツ、スティーブジョブズも大学を中退しています。あれほどの人物でもそうなのですから、明確なビジョンが描けていないならば、実際のところ大学に行ってみるのもOKでしょう。そして本当に自分のやりたいことが見えてきたら、全力でその方向に進むべきです。


トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。